わさっきhb

大学(教育研究)とか ,親馬鹿とか,和歌山とか,とか,とか.

暑いと授業中に何か飲みたくなりますよね

「本日で,この科目は最終回です.
 来週木曜にも授業はありますが,6月の第1週の金曜日に,大雨警報が発表されて授業休止になった件の代替授業となります.
 さて,こちらからみなさんを見渡すと,机の上にはノートPCのほか,それなりの割合で,飲み物ですね,ペットボトル,紙パック,または水筒を置いているのを,見かけます.
 この科目では,授業中の水分補給は,ダメと言わないことにしました.
 ただ…PCを作業中に飲み物をこぼしたり,口に入れたところでむせるか思い出し笑いをするかして,PCに液体がつくというのは,好ましくないので,本当のことを言うと,飲まないほうがいいかなあとも思っています.
 さて,他の曜日も最終回を経て,そのいくつかは,試験を受け,合否が決まることになります.
 そこでちょっと注意してほしいのは,試験の時間は,水分補給が難しいということです.
 ペットボトル,紙パック,水筒は,基本的に机の上に置くことができませんし,喉が渇いたからと,かばんから試験中に取り出すのは,不正行為とみなされるかもしれません.
 その他の,熱さをしのぐための道具は,どうでしょうか?
 汗をぬぐうための,ハンカチまたはタオルなら,机の上に置いて,叱られることはないでしょう.とはいえそれも,カンニングの道具じゃないかと,試験中に巡回する先生方は目を光らせることになります.うちわや下敷きなど,仰ぐ道具も同様です.
 試験時間は,クーラーが効いていることを期待したいですが,座る場所によって,効きが強すぎたり,逆にほとんど風が来なかったりするのは,この科目以外でも,みなさん,経験していることと思います.
 まあ問題を解いていたら,汗や水分なんか関係ないと思うかもしれません.1年生のみなさんにとって最初の期末試験の期間,ベストの体調で,不正行為をすることも疑われることもなく,乗り切ることを期待したいと思います.
 実は話が続きます.というのも,試験を終えて夏休みを終えて,後期の,情報処理科目は,教室が変わるのです.講義室ではなく,計算機室になります.そこに,前期と同様,PCを持ち込んで,課題に取り組んでもらいます.
 計算機室は,昨年度末にデスクトップPCが撤去されたとはいえ,飲食禁止のルールがあります.
 水分補給を積極的にしなくてもいい,秋から冬にかけての授業とはいえ,教室に入って座って,ノートPCを開いて電源を入れ,ついでに飲み物の口を開く,というのは,お叱りの対象となりますので,しないようにしましょう」